Let’s skindiving!!


こんにちは、B i g です!!

ここ数日、悪天候で昨日なんて結構、まとまった雨が降りました。

今日も、朝から曇り空。

北風ピ〜プ〜強めに吹いておりました。

最高気温も24度ほど。

っが水温は、まだ、27度近く。

海の中の方が温かかったっす(^0^)

風が強く海は荒れ気味だったのでアウトリーフには

行けないかな〜なんて思ってましたが問題無し!!

img_3130

リュウキュウキッカサンゴを見ながら、いざアウトリーフへ!!

img_3132

いろんなところでスキンダイビングをされているT様。

一度、潜り始めたら、もう止まんない(^^;)

あらゆる所で潜りまくり〜♪

img_3135

下にはダイバーさんもたくさんおられ

そのダイバーさんが吐くエアーがカーテンのように浮き上がり

この頃は日差しもちょこっと出てて超綺麗でした(^0^)

っで、このポイントのお決まりコース。

チャネルをスキンダイビングで〜

img_3142

ラストはインリーフの珊瑚礁。

たくさんの魚や珊瑚に、ここでもテンション上がって

潜りまくっておられました(^^;)

T様、本日は、ご参加ありがとうございました!!

是非、また機会がありましたら、遊びに来て下さいね〜(^-^)/


ポカポカ〜


こんにちは、寒いの嫌いなB i g です!!

島の方々からも「ナイチャーだのに、どんな寒がりかよ!!」

とほめて頂いております。

でも、今年は、もう11月も中盤を過ぎたと言うのに

寒くない(^0^)

ってか海の中の方があったかい。。。

まだ水温27度近くあるし...

今日は気温も27度超えてたはず。

しかし、ここ数日、風がグルグル廻り、北になったり

南になったり、東になったり、今日は西になったり・・・

お忙しい感じでございます。

珊瑚礁が壊滅的な状況であるのもあり、ポイント選びの

選択肢が極端に減ってしまいました(T_T)

周りのみんなからは「あまり珊瑚が死んだとか書かない方がいいよ」

っと言われるのですが、島の現状を知って頂くのもオイラの仕事の

一つでもあると思いますので、隠しません。

今年の7月までのような色とりどりの綺麗な珊瑚礁は

オイラの知る限りでは宮古全域でビーチエントリーで見れる所は

もうございません。

それでも、地味な色の珊瑚は生きているのも多いですし

カラフルなお魚さんはたっくさんいますよ!(^-^)!

img_3119

今日は下地島の西海岸で遊んできました!!

img_3128

ここは、まだ少し珊瑚礁が生きています。

地味な色ですが(^^;)

img_3122

冬場は、やっぱり透明度がいいので気持ちがいいですね〜

今日は、ツアー中は太陽もたっくさん照っていたので

ビーチで休憩していても全く寒くなかったです〜♪

今日は、少し波が強かったのでリーフの外までは行けませんでしたが

リーフ外の青い透明度の高い海は綺麗なんですよ〜

この時期のお勧めでございます!!

そして、そろそろゲスト様も激減する時期。

実質のシーズンオフになりそうな予感(^^;)

諸事情で11月26日〜12月2日まではご予約の受付が

できなくなっておりますが、それ以外は、たくさん空きがありますので

遊びに来て下さいね(^0^)/


泣きたくなるよ。


こんばんは、B i g です!!

先日からヤビジや伊良部島近海のボートポイントでオニヒトデの駆除に行ってました。

一昨日はヤビジで3ポイント。

今日は伊良部島で3ポイント。

ヤビジは場所により、まだまだ綺麗なテーブル珊瑚が残っていました。

でも、酷い場所は珊瑚の墓場のように(>_<)

そして、伊良部島の東~北にあるボートスノーケリングのポイント。

こちらは、ほぼ90%の珊瑚礁が死滅してしまっておりました(´;ω;`)

原因はすでに皆様、ご存知のように今年の夏の高水温です。

オニヒトデはヤビジも伊良部島も、かなり数は激減しております。

まだまだ監視は必要かと思いますが。

しかし、それ以上に高水温による白化、そして藻が生え、再生不可能になった珊瑚礁が瓦礫になってしまい

目も当てられない現状になっています。

ビーチエントリーのポイントもそうですが、伊良部島のボートスノーケリングポイントは悲惨な状態でした(ノД`)

こうなってしまっては、今年の6月までのような美しい珊瑚礁は最低でも2~3年は見れないかもしれません。

宮古地方だけじゃなく八重山もかなり白化でやられてるみたいですし。

ほんとに残念です。

オニヒトデは駆除できるけど高水温により白化の前に人はあまりにも無力で何もできないのが悔しくてしょうがないです(ノД`)

少しでも早く今年、生まれた命が成長してくれること

そしてこれから生まれる新たな命を大切にすること。

珊瑚礁の生命力に期待し、出来る限りできることをするしかないんですよね。

かなりへこんでしまいます。

何か暗い記事になっちゃったので最後に美しい島の夕陽を。