• ‘20200210’

びっくりですわ

  • LINEで送る

晴れ・最高気温20℃ 最低気温14℃・水温21℃・降水確率0%・湿度53%・北東~東の風やや強く(4~6m/s)・2~1.5m・波浪注意報・大潮 満潮08:33(160cm) 干潮14:08(45cm)日の出07:16 日没18:29 

今日は、昨日に引き続きリピーターのE 様と伊良部島スノーケリングツアーで遊んできました!!1本目、エントリーして2分で予想外の出来事が・・・

まじっすか?!

エントリーしてフィンを吐いたりして準備をしてると、よく集まってくるお魚さんの代表格のミツボシキュウセン。水深は50cmほどですが、今日も透明度良さげだね〜って、この時は安易に考えてた。そして、いざ、泳ぎ始めると、濁りが・・・いつもの砂地独特の濁りかな?いや、なんか違う。そんな風に考えながら泳いでても濁りは、ますますひどくなる。

コースを変えても一向に良くならない。海の中、全体的に霞んでるような濁り。

これって、例年では3月末とか4月頃に温かくなる前に見る、濁り方に似てる気がする。陸でいう所の春霞のような感じ。あくまでも個人的な今までの経験での言い分ですが。。。もしかしたら、今年はもう、極端な冷え込みはないのかもしれないな〜何て考えながらも、この濁りは、どうしようかと、一旦、エキジットしてポイント変えようかとも思ったけど、とりあえず、リーフエッジまで。

外洋に出る手前で、ようやく冬らしい透明度の海になってくれたので、ちょっと一安心して、しばらくエッジで遊んでからインリーフへ戻って、濁ってると、やっぱり濁ってるので浅瀬でお魚観察。

背景の珊瑚礁が霞んでるでしょ〜いつもなら、もっとクリアなんですがね〜本当、夏の酷い日の濁りより酷い濁りでした。

でも、ハマクマノミのfamilyが可愛かったので許します。

お願い〜

2本目はポイントを変更して、別のビーチへ。ここも濁ってらどうしよう。そんな不安を抱えながらのエントリー。

パーフェクト!!って訳ではないけど、こっちはいい感じで綺麗でした。ただ、水温低・・・なんと、今年初の20度台...厚手の冬用グローブも効き目ないくらいに指先まで冷えてしまった・・・

寒いけど、珊瑚礁は綺麗で

この頃には日差しも増えて太陽光線がありがたくて。

貸切ビーチを満喫させて頂きました。

E 様、本日もご参加ありがとうございました。初の冬の海、今日の1本目は残念な透明度でしたが、他はよくてよかったですね(^-^) また6月、お会いできるのを楽しみにお待ちしていますね!!

伊良部島をベースにマリンガイドやフォトツアーやってます。

伊良部島をベースに宮古島、池間島、来間島、下地島、大神島、ゲスト様のリクエストに合わせ、その日、その日の最適なコンディションの海でシュノーケルやスキンダイビング、スキンダイビング講習、フォトツアーを開催しています。

関連記事もよろしければ見て下さいね!!


Marine shop Irafu

SNSでもご購読できます。